金の買取とトラブル回避

金の買取を業者に依頼する際に、一番多いトラブルは、相場よりも低い価格で売ってしまった、というものです。
後でそう思う理由はさまざまありまして、一つは相場を調べてみたらもっと高く売れたはずだったというもの。もう一つは売るつもりがなかったのに売ってしまったというもの。
このようなトラブルを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、売るつもりがなかったのに売ってしまったというケース。これは国民生活センターのホームページにも相談事例として掲載されていますが、訪問買取で問題になりました。業者が家にやってきて、無料だからとりあえず査定だけでも、と言いつつ貴金属を見せた途端に言いように言いくるめられて売ってしまう、というケースが典型です。
金の買取に応じてお金を受け取ってしまうと、後から解約して返してもらうこと(クーリングオフ)ができません。金額が相場より安かった、という金銭トラブルであれば勉強料だと納得することもできるかもしれませんが、思い出の品を万が一にでも売ってしまうと返してもらえない、という点はぜひ覚えておいていただきたいと思います。
このようなトラブルを避けるためには、自分が売るつもりのないようなものの査定をしない、という点に尽きるかと思います。これは訪問でも、自分から店舗に持ち込むのでも同じです。

これに対して、相場よりも安く売ってしまったケース。これを避けるには相場を知っておく必要があります。金の買取は、グラム当たりの価格にグラム数を掛けた値段になることが多いです(売っているお肉と同じです)。別に毎日、金の価格の変動を把握しましょう、ということではありません。金の買取を行っている会社のホームページを見ると本日の買取価格が書かれているケースが多いです。これを何社かご覧いただければ大体の相場をつかむことができます。ただ、一つご注意いただきたいのは、その書かれている金額が、実際に金との交換で手に入る金額ではない、という点です。業者によっては手数料その他の名目で、買取価格が下げられる場合がありますので。

大手の業者であればこの手のトラブルは少ないとも思われます。
例えば田中貴金属、この会社、子供店長として有名な加藤清史郎君が「年金積み立てコツコツ」と歌い踊っていたCMが印象的ですが、このような大手であれば安心なのではないでしょうか。
これは、テレビCMを放映している、というだけではありません。同社は、金の買取と同時に販売もしています。買取価格も販売価格もホームページで公表しているのです。買ったものをそのまま売るのではないとはいえ、どのくらいの収益を抜いて販売しているのか公表しているのは潔いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です