金買取とメリット・デメリット

今や世界的な大人気金融商品となった金ではありますが、そのメリットとデメリットは、日本では一般的には意外に知られてはいないのではないかと思います。
しかし、メリット・デメリットを正しく把握していないままに金に手を出すというのは感心しないことです。
金の購入にしろ買取にしろ、金というものの本質を正しく理解してから行うようにしましょう。

まずは金の最大のメリットについてですが、「決して価値がゼロにはならない」という点です。
たとえばお金を考えてみますと、どこの国のお金であっても、その国家が破たんすれば札束も一瞬のうちに紙くずになってしまいます。
しかし金は違います。
国家が破たんしようがしまいが、金が一瞬にして鉄くずになってしまうということはあり得ないのです。

それから金は、他の金融資産の価値が下がる時、逆に値上がりする傾向があります。
たとえば日経平均株価と金一グラムあたりの価格とを比較してみると、株価とほぼ逆の値動きをしていることが分かります。
ですから株価が暴落してしまうような時にこそ、金の価値は一層上昇するのです。
しかも金の場合、保有しているだけなら税金がかかりません。
それゆえ、資産としては長期保有に最適なのです。
そして金は、世界中のどこの国でも購入や買取を利用できる優れた換金性があるというのも大きなメリットと言えます。

一方、金のデメリットを見てみますと、価格が変動しやすいこと、価格が為替相場の影響を大きく受けてしまうこと、利息や配当などの収益を生み出してはくれないことなどがあります。
金は確かに守りの資産としては申し分ないほどに優れた資産であると言えますが、銀行預金や株式などと違って、いくら大切に保管していたとしても、利息も付きませんし配当金などももらえないのです。
また、国際情勢の影響を受けやすい国内金価格は、円高ドル安の局面では値が下がって買いやすくなりますが、国際金価格が上昇する場合には、円高分が相殺されてしまう点にも注意が必要でしょう。
そして金の安全な保管ということを考えると、盗難や紛失などには大変な気を遣わなければなりません。
それも金の大きなデメリットの一つと言えるでしょう。

このように金にもメリット・デメリット様々あります。
それらを総合的に考慮したうえで、買うべき時に買い、売るべき時に売ることが肝心です。
金は高価な買い物になりますので、購入や買取などの際には、後で後悔することのないよう、くれぐれも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です